スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキ カプチーノという車の魅力

ホンダ ビートという車

ホンダ ビートは本田技研工業が1991年5月15日に発表した、ミッドシップエンジン・リアドライブ・コンバーチブルの2シーターの軽自動車である。 ボディ型式はPP1、エンジン型式はE07Aと呼ばれる。ホンダ ビート最大の特徴は自然吸気(NA)にもかかわらず、独立3連スロットルと燃料噴射制御マップ切換方式を組み合わせた吸気システムMTREC(Multi Throttle Responsive Engine Control){これはホンダのシティにも一部使われているもので、それをさらにチューニングしたものである)により軽自動車自主規制いっぱいの64馬力を8100rpmで発生するところがカプチーノやAZ1との大きな違いである。レッドゾーンは8500rpmと超高回転型のエンジンである。(そのためか、故障が・・)

ホンダ ビートは秀逸なデザインで剛性の高いモノコックオープンボディ、超高回転SOHC4バルブ横置き3気筒656ccエンジン、きわめてショートストロークに設定された5速マニュアルミッションを持つことで軽快なフットワークを披露する。
四輪独立懸架のマクファーソン・ストラット、前13インチ・後14インチで前後異形サイズのホイールとタイヤ、四輪ソリッド・ディスクブレーキとスズキのカプチーノにも負けない贅沢な足回りを誇る。
ブレーキディスクはトラクションがよくかかる後輪をメインに大径化されており、そのため前輪と後輪に別サイズのタイヤを使うなどNSXゆずりの本物のミッドシップ設計が取り入れられているところがバブル時代ならではである。なお、軽四で国内初の四輪ディスクブレーキとなった。

カーオーディオ (オプション)も「スカイサウンドシステム」と呼ばれ、速度に応じて音量が上がるというユニークなものでオリジナリティにあふれている。また、当初は社外品は取り付け不可だったが、一部の部品メーカーが2DINキットを発売したこともあるが、現在では入手が難しい。メーターも独立してつくなど非常にユニークな作りになっている。

当時の運輸省の反発をさけるため、スポーツは名乗らず、ミッドシップ・アミューズメント(Midship Amusement)と冠していた。同年8月に亡くなる本田宗一郎が最後に見送った四輪車であるのは感慨深い。
バブル時代に企画された軽自動車と言う事で平成ABCトリオ(のB)(AZ-1,ビート、カプチーノ)なども言われるが、皮肉ながら中古市場では生産中止から10年以上経過した現在でも人気が高いスーパー軽の一台である。
とはいえ、AZ-1やカプチーノとくらべれば若干割安ではある。

スポンサーサイト

スズキ カプチーノという車の魅力

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。