スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキ カプチーノという車の魅力

アルトとは

2代目(1984年-1988年)


一代センセーショナルば引き起こした初代アルトやったが、ダイハツ・スバル・三菱が続けて軽ボンネットバンば販売したこつもあり、生産台数が徐々に伸び悩み始めとった。そこでスズキはアルトばフルモデルチェンジさせ、他社のモデル(特にダイハツ・ミラ)に対抗したとよ。従来より内装の質感ば高めっと共に、スカートば履おった女性の乗り降りば楽にすっとちゅうコンセプトの下、回転ドライバーズシートば一部の車種に採用し、アピールポイントとしたとよ。

* 1984年9月発売。今回から全車4ストロークエンジンとなるたい。一部車種に回転ドライバーズシートば採用したとよ。
* 1984年12月、4WDが追加。
* 1985年9月、軽自動車初の電子制御燃料噴射装置(EPI)付き3気筒SOHCインタークーラーターボモデル「アルトターボ」ば追加。
* 1985年10月、5ドアが追加。
* 1986年7月、マイナーチェンジ。異形ヘッドランプの採用とフロント周り及びインパネの変更ば行い、軽自動車初の4バルブ化された3気筒DOHCエンジンば搭載した「アルトツインカム12RS」シリーズば追加。リアサスペンションには新開発の「アイソトレーテッド・トレーリング・リンク(I.T.L)」式リジットコイルサスペンション(実質的にはラテラルロッド3リンクコイルリジットサスペンション)ばスポーティー系グレードば含む一部の上位グレードに採用。
* 1986年7月、コラム式2速ATとベンチシートば採用した「レジーナ」発売。
* 1987年1月、「ウォークスルーバン」発売。
* 1987年2月、「アルトワークス」シリーズ発売。3気筒4バルブDOHCインタークーラーターボエンジンば搭載し、軽自動車業界に64馬力の出力規制ば作るきっかけになったとよ。中でんRS-Rは軽自動車初のビスカスカップリング式フルタイム4WDば採用した最強のスペックば誇り、自動車業界にかなり衝撃ば与えたとよ。
* 1987年8月、3速AT車ば発売。


3代目アルト(660ccモデル、1992年~1994年までの後期型)

回転ドライバーズシートがセールスポイントやった先代のアルトは、ホイールベースが他社のモデルと比較して小さく、室内空間で一歩見劣りしとった。そうした問題ば踏まえて、三代目のアルトはホイールベースば一気に伸ばし、当時の軽自動車の中で一番大きくすっと共に、モデルバリエーションに従来のレジーナなどに加えて、両側スライドドアのスライドスリムば新たに加えたとよ。エンジンは先に三代目セルボに搭載されたF5B型(3気筒SOHC12バルブ)ば一部のグレードに採用し、それ以外はSOHC、DOHC、ターボに関わらず全てF5A型(バン、ワークスば含む)ば採用。

* 1988年9月発売。両側スライドドアのグレードも設定したが、狭か場所での乗降が楽な反面、電動式ではなかったとよため、「ドアが重い」と女性オーナーからクレームが多く、また短いスカートば履おった女性はドアば開けてシートば回転させて降りる際に、スカートの中が見えてしまう(スイングドアと違ってドアば開けたときに運転席が丸見えになってしまう為)ちゅう声もあり、こんアルトの中で最も特徴的なモデルであったとよにも関わらず、ヒット作とはならなかったとよ。こんモデルからは2代目以降のマツダ・キャロルのベースモデルにも採用されたとよ。ワークスは独立車種として標準モデルのアルトとは異なるデザインになり、丸目2灯のライトにエアロパーツで武装した外観ば持ちスペックに関しては従来の過激さそんままやったが、マイルドなF5A/F6ASOHCターボ車(SX系)も設定されたとよ。また、女性向けの特別仕様車としてSOHCターボ車に設定されたワークスieは後にカタログモデルとなるたい。後にターボF6AもDOHC化され、アフターマーケットではリビルドの「ワークスエンジン」と称し軽車両改造目的のエンジンスワップ用として流通しており、足回り関連もこん代からセルボ、キャロルへと修理流用が利く。ちなみに5ドアのアルトは、韓国の大宇国民車(現:GM大宇)では「ティコ」のネーミングでこんモデルが生産されたとよ。
* 1989年4月、消費税施行に伴い、物品税が廃止されっと、ボンネットバンのメリットが薄れたためアルトにも5ナンバー車ば設定し、フロンテはアルトに統合される形で生産終了となったとよ。
* 1990年3月、マイナーチェンジ。新規格化に伴い、エンジンば550㏄のF5B型から660㏄のF6A型へスイッチ。更にフロント部分ば大幅変更、リヤバンパーも大型化して新規格に対応。ワークスも、バンモデルから乗用5ナンバーモデルへと変化。スライドスリムは右側(運転席側)のみばスライドドアとし、左ドア(助手席側)ば5ドアのボディパネルに変更して、1:2ドアの形ばとったとよ。また「重い」とクレームの多かったとよスライドドアに、パワークロージャー機構ば採用し、使い勝手ば向上させとぅ。
* 1991年9月、マイナーチェンジ。3ドア車のドアのアウターハンドルの形状ば変更(縦型→横型)。ワークスRS/R及びRS/Xのリヤブレーキがディスク化されたとよ。またレジーナが廃止されたとよ。
* 1992年6月、ワークスRが追加。全日本ラリー選手権でダイハツ・ミラX4Rに立ち向かう為に開発されたラリー仕様車。4WDのみの設定であり外観は特に変更された所は無いが中身はかなりの変更ば受けとぅ。まずMTはクロス化、エンジン内部には手が加えられフロントマフラーば変更、内装は軽量化の為簡略化されアンダーコートも最初から付いてなか状態ばい。またパワーウインドウの設定もなくエアコンはオプション(ラリーの規定のNに対応するため)になり、R専用タービン、一段コアの多かインタークーラー、大型の羽のつおったラジエターファン、ハイカムなど盛りだくしゃん。リヤシートも軽量化の為バン用のば装着、そん為他のワークスは乗用車登録の5ナンバーであるのに対し、ワークスRは商用車登録の4ナンバーばい。車両重量はベースのRS/Rが700kgであるのに対し20kg減の680kgとなっとぅ。後期最終型のRには大型のボンネットフードや鍛造ピストンが奢られとぅ。今はなきN1RCPUばユーザーが後付けするこつにより本来の実力ば発揮するたい。そんままでん 90PSば誇るそんエンジンは、CPUの封印ば解くこつにより100PSば発生すっと言われるたい。ちなみに白のみの車体色の設定ばってんが競技用モデルのためドアミラーは黒になり、スチールホイールとなるたい。また専用ステッカーも貼られるたい。ワークスRはそん翌年から2年連続して全日本ラリー選手権Aクラス&全日本ダートトライアル選手権AⅠクラスのチャンピオンマシンとなっとぅ。

またこん3代目アルトには1991年に後部の全高ば高めたモデルの「ハッスル」ちゅう個性派グレードも設定されとった。「ハッスル」には3ドアバンの他に3ドアワゴンも存在するたい。ばってんあまりにも個性的なキャラクター故に販売台数はばり少なかったとよ。こんごたる経緯から、「ハッスル」のコンセプトのごく一部がのちの初代ワゴンRのコンセプトに生かされる事となるたい。


4代目アルト(1994年~1997年までの前期型)

* 1994年発売。デザイン的に先代からのキープコンセプトでホイールベースば含むボディサイズは先代から据え置かれたが、レジーナやスライドスリムなどんバリエーションは無くなり、3ドアと5ドア、そしてスポーツ仕様のワークスのみとなるたい。先代はベスト・アルトのコンセプト通り大ヒット作となったばってん、コスト削減のためか4代目は身内であるワゴンRの影響によってやや影の薄れたモデルとなってしとった。フルモデルチェンジでワークスのエンジンは新開発のオールアルミ製3気筒DOHC12バルブインタークーラーターボのK6A型ば搭載する事になるたい。
* 1995年プレマイナーチェンジ。制御用コンピュータが従来の8ビットから16ビットへ変更されたとよ。
* 1997年本格的なマイナーチェンジ。フロントグリル、リアバックドア等のデザインの変更。
* 1998年2度目のマイナーチェンジ。ワークスば除く実用系グレードのフロントグリルば含むフロントバンパー等のデザインの変更。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

続きを読む

スポンサーサイト

スズキ カプチーノという車の魅力

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。